ルビーのインクルージョンは、美術的魅力を持っている

人為的に手が出せるのは、表面を磨いてつやを出すこと、ジュエリーに使って、 身に着けられる様にすることです。 ただ、ジュエリーになっても、人が触れないのが、インクルージョン(内包物) です。 ルビーの原石が育った時(結晶化)に、どんな状況であっ…

宝石ルビーは私たち人間と同じ個性

天然宝石であるルビーの原石を見ていて感じこと…それは、天然が創ったものには 個性があるということ。 「誤差」などではなく、たった一つであるという証が個性です。 採掘現場で働いていたスタッフは、それを強く感じるようで、品質判定をして あまり品質の…

ルビーのカット研磨作業は、1㎜の原石でも手を抜くことなく…

まずは、ルビーの原石を松脂を溶かして原石を固定するジグに取りつけます。 慣れている彼らは、アルコールランプの火で一瞬で固定していきます。 その後、大体の形まで成形しますが、この作業はダイヤモンドでいえばカットに 相当する作業です。 ルビー鉱山…

ルビー原石…どのような形にするのか? (構想を練る)

採掘されたルビーの原石は、一つずつ、どの様な形に研磨するか意見交換しながら、 決めていきます。 モリスヤンゴン店に常駐するイエッチョー君(右側)とモリス銀座店と鉱区を 行ったり来たりするミヨテさん(左側)が、原石の仕分けをしているところです。…

ルビーの価値は、原石の時に決まっている

ミャンマーのNam-Ya鉱山でルビーの原石を見ているところです。 価値の高い宝石ルビーなのか? ぱっと見て、キレイな原石だけど価値があまりない ルビーなのか? 原産地で原石を見分けるときに一番大切になること… …それは、「何が宝石ルビーなのか?」 「お…

天然ルビーは、天然無処理で美しいモノなのか、人為的な処理をして美しさを改良して いるモノかによって、宝石としての価値は大きく違います。 昔から残っているルビーがオークションなどに出品された場合、1ct当たりの単価に 100倍ぐらいの差がつくことも良…

紫外線にあたると鮮赤色に発行するミャンマー産ルビー

宝石の王様として、知る人ぞ知る「ミャンマー産の天然無処理で美しいルビー」は、 接触変成岩起源といって、ルビーの中でも特異な環境で結晶しているために、 紫外線にあたると、その他の産地のルビーとは違う反応をします。 歴史的にロイヤルファミリーの象…

生命を感じる宝石ルビー(接触変成岩起源)

写真は、モゴックさんの特徴的な結晶インクルージョン(スピネル)です。 200万年前に今のミャンマーの地下40㎞あたり… 南半球から移動してきた海の底に堆積した石灰質の母岩の中で育ったミャンマー産の ルビー。 母岩は、海の底に堆積したサンゴや貝殻など…

ルビーに入っているインクルージョンを見て分かること…

ルビーの原石の中にある「インクルージョン」を見ているところ。 私たちプロの宝石商は、その赤い石を見分けるのに「インクルージョン=内包物」 を必ず確認します。 下の写真は、カット研磨した後のルビーですが、ライトを照射して拡大すると この様に、イ…

「宝石ルビー」は、原石の時に、すでに次元の違う存在感を持っている

ルビーの原石…ただの石なのか? それともお宝の石なのか? すべては、原石の時に決まりますが、原石の時にどうやって品質を見分けるのか? 原石を見分けるのは、特別な技術が必要だとおっしゃる方もいますが、ルビーの場合 は、ルース(カット研磨済みの宝石…

天然無処理で美しいルビーは、どのくらい産出されるのか?

宝石の定義は、1)美しく 2)希少で 3)経年変化がないこと ですが、 2)の希少であるかどうか? については、正確なデータを取った記録が見当たり ません。政府鉱山省で聞いたのですが、宝石としてのルビーではなく、 赤いコランダム(ルビーの鉱物名)…

モリスが、ルビーを見分けられるのは…

天然無処理で美しいミャンマー産のルビーが専門のモリスルビー。 どうやって天然無処理か、人為的に処理をして美しさを改良しているかを 見分けられる様になったのか? 日本の宝石商としては初めて、外部委託ではなく、自社社員が鉱山に駐在し 採掘の現場に…

ルビーは、仏教国ミャンマーのシンボル的な宝石

ルビーは、仏教国ミャンマーでは、とても大切な宝石です。 お釈迦様が着けていた宝石であり、ビルマ王の宝石でもあります。 原石の時から天然無処理で美しいルビーは、とても少なく、昔から 人工的に合成されたモノや加熱など人工的な処理を加えて美しさを …

採掘する人が、持つ人の事を考えて仕事をしたら…

写真は、モリスミャンマーのNam-Ya鉱山の現地採掘事務所のモノです。 水道も電気も、もちろんガスも来ていない山奥に単身赴任で住み込んで 頑張ってくれたのがイエッチョー君(左側)、そして、銀座と鉱山を 行き来してくれたのがミヨテ部長。 この二人が、…

採掘された原石…同じルビーでは、あるものの…

採掘したルビーの原石…品質ごとに仕分けをしますが、 天然無処理で美しいルビーになる原石は、上図のジェムクオリティーの ものだけです。他のモノは、ジュエリー、アクセサリーの部品として 使われます。最高品質ジェムクオリティーというお金よりも価値の…

King of Gems(宝石の王様)ルビーの原石、品質の高いモノは少ない

宝石の王様といえばミャンマー産ルビー。 天然無処理で美しいモノに限りますが、欧州では、そう呼ばれます。 この様に、大理石(接触変成岩)を母岩として育つミャンマー産ルビー の中でも天然無処理で美しい結晶はごくわずかです。 最高級品質のルビーは、…

ルビーランド… ミャンマーのモゴック鉱山

世界的に有名なルビーの鉱山「MOGOK」。 15世紀には、「赤い宝の石」がでる産地としてヨーロッパの書物に 登場して以来、世界中の人々に注目されました。 ミャンマーの国土を縦断する活断層「ザガインフォルト」上、 「S字」状に歪んだところ8マイル四…

原産地で採掘されたルビーの原石と天然無処理で美しい原石の希少性

原産地、ルビーの鉱山で採掘されたルビーや、その他の宝石の 原石です。ご覧のように、ほとんどの原石は、天然無処理のまま では宝石に見えません。 宝石として価値のある原石は、上記のような品質の原石数千個 に混じって産出される「たったの1個」です。 …

モリスルビーは、ミャンマーのルビー鉱山から…

モリスは、今から15年前にミャンマー連邦共和国へ 天然無処理で美しいルビーを探しに出かけました。 それ以来、現地の仲間たちと一緒に「宝探し」を しております。 写真は、世界的に有名なルビーの産地「MOGOK」 鉱山です。 大理石の中で育つルビーで…

モリスは天然無処理で美しいルビー専門

宝石の王様…といえば、皆さんはダイヤモンドを 思い出されるかも知れませんが、国際的な高級 美術品などのオークション、クリスティーズなど で最も高い宝石は、天然ルビーです。 ただ、流通するダイヤモンドのほぼすべては、 天然無処理であるのに対して、…

モリスがルビーしかやらないのは…なぜ?

モリスは、創業以来、天然無処理で 美しいミャンマー産のルビーを専門 に取り組んできました。 ダイヤモンドが一般的な宝石の業界 にあって、ルビーだけを選び、 しかも天然無処理のモノだけに限定 した理由… それは、宝石の定義 美しく…希少で…経年変化の無…

Hatenaで、モリスルビーのブログを始めます

私たちモリスは、ミャンマー産の天然無処理で美しいルビーが専門。 鉱山からカット研磨やルビーの内包物の顕微鏡拡大写真の撮影は、 ミャンマーのヤンゴン市にある現地法人モリスミャンマーで行います。 それを輸入し、モリス京都三条本店、モリス銀座店をは…