読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モリスがルビーしかやらないのは…なぜ?

モリスは、創業以来、天然無処理で

美しいミャンマー産のルビーを専門

に取り組んできました。

ダイヤモンドが一般的な宝石の業界

にあって、ルビーだけを選び、

しかも天然無処理のモノだけに限定

した理由…


それは、宝石の定義

美しく…希少で…経年変化の無い…

お宝として自分自身が持ちたいモノ

だったからです。


モリスは、商売をするためにルビーを

選んだのではなく、最高のルビーを

探したいためにミャンマーに出かけた

のです。それが、原産地の現場に

辿り着いたときに、

「皆さんに知らせなければ…」と

ビジネスとしてスタートしました。

だから、会社の仕組みそのものが、

ルビーのために存在しているような

ものですし、鉱区から銀座、京都の

小売店まで一貫したトレーサビリティ

を大切にするいうビジネススキームは、

世界のどこにも存在していなかった。

今の世の中、お金(貨幣)経済は、

クレジットカード、電子マネー

含めて「信用の経済」で、その根本

にあるのは「人の信用と信頼」です。

ほぼ、100%のルビーが処理をして

美しさを改良しているミャンマー産の

ルビーにあって、原産地から無処理で

美しいモノを届けられるスキームが

できて、それを何十年と続けたら…

経年変化の無い宝石ルビーですので、

ブランドができる…ハイテクではない

けど、ベンチャービジネスだと思って

続けてすでに15年目。


モリスがミャンマー産の天然無処理で

美しいルビーが専門なのは、モリスは、

お客様からの「信用=お金=お代金」

を既に、お預かりしているから。

買っていただいて終わり…ではなく、

経年変化の無いルビーは、お買い頂いて

からスタートなのです。

その信用に応えること以外に仕事を

する理由は無い…というのが、

モリスがルビーしかやらない理由です。

f:id:morisruby:20141001222747j:plain