読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルビーに入っているインクルージョンを見て分かること…

ルビーの原石の中にある「インクルージョン」を見ているところ。

私たちプロの宝石商は、その赤い石を見分けるのに「インクルージョン=内包物」

を必ず確認します。

f:id:morisruby:20141019145017j:plain

下の写真は、カット研磨した後のルビーですが、ライトを照射して拡大すると

この様に、インクルージョンが見えます。

f:id:morisruby:20141019145528j:plain

ルビー中央(テーブル面)にアパタイトと思われる結晶が確認できます。

アパタイトは、ミャンマー産の天然無処理で美しいルビーに見られる特徴的な

内包物です。アパタイトは、カルシウムが主成分の結晶ですが、このルビーの

中に結晶する前の姿は…

f:id:morisruby:20141019145846j:plain

この白い大理石(岩石)でした。

この白い岩は、「母岩=ホストロック」といって、宝石が育つ環境を決めるもの。

ということは、写真のアパタイトが確認できるルビーは、この白い大理石を母岩と

して育ったことが分かり、自ずと「ミャンマータジキスタンアフガニスタン

ベトナム」のどこかで産出されたことが分かるのです。

また、加熱処理をすると白濁したりして変質するので、処理の有無を見分ける

手掛かりにもなります。

ルビーのインクルージョンは、そのルビーの個性であり、色々なことを語って

くれます。

ブログでは、キレイなインクルージョンを公開していきたいと思います。