読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルビーのインクルージョンは、美術的魅力を持っている

人為的に手が出せるのは、表面を磨いてつやを出すこと、ジュエリーに使って、

身に着けられる様にすることです。

ただ、ジュエリーになっても、人が触れないのが、インクルージョン(内包物)

です。

ルビーの原石が育った時(結晶化)に、どんな状況であったかを表す人でいうDNAの

様なものです。

f:id:morisruby:20141104091643j:plain

宇宙空間に浮かぶ「星」や「星雲」のように見えるこのインクルージョンは、

人でいうと指紋のようなもので、同じ組み合わせが2つとありません。

モリスは、創業以来、このインクルージョンを顕微鏡で拡大し、写真に収めて

きました。

f:id:morisruby:20141104091844j:plain

人が意図していないのに、顕微鏡で拡大すると絵画のように美しい。

そう気づき、モリスは今から8年前に京都三条本店の1階にあったギャラリーで

インクルージョンの写真展を開催しました。

f:id:morisruby:20141104092104j:plain

ルビーの内包物だと分からないで見て頂く方が多かったのですが、美術的な魅力

があると感想をお持ちのご来場者が多く、天然宝石ルビーの隠された魅力を

再確認しました。

ルビーをご覧頂くときには、インクルージョンに興味をお持ち頂くと、

美術品を身に着ける満足感も生まれます。