読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴史的な指輪その存在感を発揮するルビー

f:id:morisruby:20141110061134j:plain

写真は、16世紀ルネッサンス期のルビーとダイヤのギメルリングです。

ギメルとは、双子を意味する言葉ですが、この時代に多くつくられた結婚指輪です。

ルビー(愛)とダイヤ(約束)、そして、ハートをしっかりと握った手のモチーフ

は愛と約束を表します。

f:id:morisruby:20141110061342j:plain

このように、2本のリングが知恵の輪のようにリンクしてあり、開くとメッセージ

が書かれていたり、このギメルリングのようにエナメルで模様が表されたりして

います。

f:id:morisruby:20141110061719j:plain

そして、ルビーを観察すると、結晶のインクルージョンとブラックライト下での

鮮赤色反応からミャンマーなどの非玄武岩起源(接触変成岩起源)のルビーで

あることが分かります。

このルビーには、小さなアパタイトと思われる結晶がテーブル下に確認できました。

ミャンマー産を含めた非玄武岩起源のルビーは、宗教的にも文化的にも大切に

されてきた宝石で、様々な場面で登場しますが、その存在感は他の宝石に無い

圧倒的なものを感じます。