読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宝石ルビーが見つかった瞬間の喜び

宝石ルビーを採掘する作業は、大変です。電気も水道もない山奥で、来る日も、

来る日もキツイ作業を続けます。

f:id:morisruby:20141120120700j:plain

 採掘の風景は先日のブログでご覧いただきましたが(Nam-Yaの漂砂鉱床)、

最後に比重の重たい大きめの石ころに混じって小さなルビーが見つかります。

f:id:morisruby:20141120121148j:plain

右手の前あたりにある黒い石の集まりが、比重の高いコランダムの小石

(ルビー、サファイアの鉱物名)の集まりです。

水で洗った土砂の中から砂金を探す方法と原理は同じですが、コランダムの中の

透明なルビー、サファイアかどうかの判断は人の眼で見分けます。

天然無処理で美しい結晶は、1個…その希少性は現場に近くなれば、なるほど、

強く感じます。

見つかった時は、たとえ…そんなに立派な品質でなくても(クオリティースケールの

色の濃淡では#2ぐらい)宝物を発見した!と、とても、とても嬉しいのです。

f:id:morisruby:20141120123352j:plain

まるまる1日で、これ一つですから、思わず、笑顔になります。

私たちモリスは、この黒っぽいコランダムは、このまま土に戻します。

この原産地で「宝物」に感じたものが「宝石」だと信じているからです。

この後、この原石たちは、ヤンゴンへ送られて行き、カット研磨、データ収集

が行われます。