読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天然無処理で美しいルビーの価値


f:id:morisruby:20150218191506j:image

京都にある長楽館のシャンデリア。

伊藤博文公が、100年前に命名した迎賓館。

今も訪れる人々を迎えています。

時を越えて受け継がれるものの重みを感じ

ます。

そういう視点で宝石ルビーをみると、

身に着けるものでありながら、1000年以上

前から残っているものもあり、300年前から

残っているものは、あまり古い部類に

入りません。

社会的な価値観、慣習においても宝石ルビー

は、確固たる地位を誇っています。


f:id:morisruby:20150218192914j:image