読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古いルビーと新しいルビー…ミャンマー産は新しいルビー

f:id:morisruby:20141227115346j:plain

<画像及び文章:石と人間の歴史 / 地の恵みと文化 蟹澤聰史著 中公新書より引用>

水中や大気中で、岩石や鉱物の破片、生物の遺骸、さらに水中に溶解していた物質などが沈積、または科学的に沈殿したものを堆積物という。このような堆積物が厚く重なり、荷重がかかって固結したものが「堆積岩」となる。堆積岩の大部分は水の作用によってできたもの、あるいは水中に堆積したものなので、水成岩とも呼ぶことがある。火成岩や堆積岩に圧力や熱が加えられると、そこに含まれている鉱物の結晶が大きく成長したり、鉱物同士が化学反応を起こして、変成岩となる。片麻岩や結晶片岩、あるいは大理石などは変成岩である。大陸地域でも海洋地域でも、地球の表面はプレートと呼ばれるいくつかの大きな板状の部分に分割されている。これが互いに移動しながら影響を及ぼし合っているという考え方をプレートテクトニクスと呼ぶ。プレートテクトニクスは、1960年代に提唱されたもので、現在では地球上における地震活動や火山活動、地質学的なあらゆる現象がこの理論で説明されている。大陸プレート同士が衝突したり、海洋プレートが大陸プレートに沈み込んだりすると、そこでも圧力や温度が上昇して、変成岩を生じる。<引用ここまで>

ミャンマー産ルビーは、このプレートテクトニクスいより南極の場所にあったインドが気の遠くなるような(2~4億年)時間をかけて移動し、ユーラシアプレートと衝突したことで起こった接触変成作用で結晶化した宝石です。上の図の左側の衝突帯と記述がある部分です。

ルビーには、6億年前に南半球で結晶化して世界各国で産出する「古いルビー」とこの接触変成岩起源の2000万年前に結晶化した「新しいルビー」がありますが、その新しいルビーが育つ母岩である大理石の主成分も、ルビーを赤くする着色成分も両方、太古に生きた「生命」が供給源になっているところ…古くからルビーの宝石言葉に「生命」というものがありますが、人の感性がそれを感じていたとしたら驚きです。

f:id:morisruby:20141127081928j:plain

以前にもご覧頂きましたが、接触変成岩起源のルビーと玄武岩起源のルビーの違いは、紫外線域の光線にあたった時の反応です。

f:id:morisruby:20141227121343j:plain

左が玄武岩起源、右が接触変成岩起源(ミャンマー産)のルビーです。

f:id:morisruby:20141227121426j:plain

この鮮赤色反応は、太古よりルビーの伝説に登場しており不思議な輝きが人々を魅了してきました。

ミャンマー産(旧ビルマ)ルビーが特別たる所以です。